2016/05/17

憧れの山下清展



二年前隣県で行われていた山下清展に一人でいこうかしら?と思ったほど行きたかった展覧会がここ広島で開催されると
きき行ってきました。(1週間前に知った(-_-;)
最終日を含め3回行きましたが連日大盛況でした。やはりテレビドラマの影響でしょうか?大勢の人でした。
年配のかたが多かったです。

作品は清画伯の学園のころの初期の貼り絵から放浪をしながら作成した作品、画家になり海外でのスケッチをもとにした作品、
油絵、水彩画、陶器、ペン画など150点の作品を見ることができます。
なかなか見ごたえのある素晴らしい展覧会でした。

DSC_0264_convert_20160517114618.jpg



そしてなにより感動したのは画伯のドキュメンタリービデオが放映されていたことです。
しかもカラーで画伯の声もちゃんと聴けます。けっこう高い声だったのですね。
花火の貼り絵を作っていました。
弟さんが助手を務め、画伯が「この花火はなに色がいいかな?白じゃあおかしいかな?花火だもんな」
と言っているところが興味深かったです。

画伯が動いている!しゃべっている!貼り絵を作っている!

ナレーションでも言っていました。
「清君の美しいものを探検する心は少しも傷つくことなく生きつづけています。」
この言葉が画伯のすべてを代弁しているとおもいました。
メデイアに取り上げられ放浪に出て、物乞いや労働をしたり時には暴力をうけたり警察に窃盗を疑われたりもしたそうです。
放浪にでたのは徴兵を逃れるためだったともいわれていますが、本心はどうだったのでしょうか?
清にしかわかりませんね。
でも放浪を繰り返し清の目に写った景色を清の手で紡ぎ出された作品をこの目で見れて幸せです。
49歳で亡くなった清。
晩年に作成していた東海道中の旅の絵は未完成のままになってしまいました。
一番の無念はそれを商品化しようとした人ではなく清自身ではなかったのではないでしょうか?

清はゴッホの絵に深く影響をうけていたそうで、ゴッホのお墓も訪れたそうです。
日本のゴッホと呼ばれた山下清。
清は言います。
「生きているうちに評価を得た自分と、死んでから評価を得たゴッホ。どちらが幸せかな・・・
やっぱり生きているうちのほうがいいなあ。」

画伯、亡くなってからもこうしてあなたの絵を愛し、尊敬していますよ~。
永遠の少年、山下清さまへ。



DSC_0258_convert_20160517125315.jpg


グッズもたくさん買いました。画集、はがき、複製画、湯飲み、クリアファイル・・・
宝物です。
スポンサーサイト
2016/05/06

カーキはだめなの


カーキ色のお洋服ほしいけど、
似合わないんですよね〰
以前カーキ色のコートを買ったのですが、写真を撮ってみてみると
に、似合わない。。。(-_-;)

桜の季節はまだまだ肌寒くて、写真には薄ピンクの桜が
満開に写ってるのですが、その前でほほえむ女は体が冷えているのか
顔色が妙に悪くて、しかもカーキ色のコートが更に一層顔色を悪くしてくれます。

私、やっぱりカーキ色似合わないわ。(涙)

カーキをカッコよく着こなしているひとを見ると羨ましくなるの
です。


2016/02/17

運気

今年ももう2月ですが、去年を振りかえると人との関わりが難しかった一年だったと思います。

バイトも変わったし。

これも運気というのですかね?

一人で生きてるわけではないので人間関係ってほんと大事だし、大変ですよね。

周りにもっと感謝しないといけないと言われてるのかもしれません。はい。





2016/01/09

暖かい

昨年中はお世話になりました。

今年もよろしくお願いいたします。

2015/10/17

映画 バクマン

また日にちが空いてしまいました(>_<)
最近バタバタしてます。
今年もあと三ヶ月切りましたね。

さて、映画バクマンを観てきました。
五年ぐらいまえに子供が入院していたとき、夕方
お見舞いに行くとアニメでバクマンが放送されていました。
ダイジェスト版でしたがすごく面白かったです。
久々に外に働きに出た頃だったのでアニメが終わるとそのままこどものベッドに
潜り込み寝てしまうという、、なんていう親でしょう。
しかも大部屋だったのにいびきまでかいてしまい、その自分のいびきにびっくりして
起きてしまうという(+_+)
思い出しても笑ってしまうのでありました。
このバクマンを観るとその時にワープしてしまいます。

そのバクマンが、時を経て実写版の映画になると言うのですから
それはそれは楽しみで。

漫画家を目指す高校生コンビの最高と秋人が主人公で集英社のジャンプに挑みます。
周りには沢山のライバルがいて、切磋琢磨しながらジャンプの頂点を目指すというストーリー。

主人公には佐藤健、神木隆之介。
最高の叔父には宮藤官九郎、編集者の担当には山田孝之、ライバルには染谷将太、桐谷健太、新井浩文。
マドンナには小松菜奈。
キャスト選びが本当にぴったりで笑ってしまいました。
皆さん、人気者ばかりですね。

ただ二時間の枠でお話をまとめるとなるとやや無理があります。
どうせなら映画ではなくてドラマでゆっくり観たかったなあ、、、
と思う作品でした。

なんといっても映像がすごい。
プロジェクションマッピングで漫画を書くシーンを撮ったり、ライバルとのバトルシーンを
描いたり!
すごい迫力でした。
卓上の上で描く漫画をここまでアクションをつけて表現するとは。
監督はモテキを製作した大根仁監督です。

この映画を観ていて何かを始めたい。
何かにうちこんでみたい。
そんな熱い気持ちや闘志がわき出てくる感じがしました。
アクション場面でトリャー!!と一緒に走りだしたかったのは私だけ?

小学生がみてもすごい感化される作品ではないでしょうか。

もう一回観たいです。今度DVD 買おうかな。
最高と秋人がもうね(´ω`)えかったわ~
楽しい作品でした。
バクマン、漫画で読もうかなあ。。。

ジャンプといえばうちの弟が小学生のときよく買ってたなあ。
それが映画になって集英社の本社での撮影もあって
え、ほんとにこんなにきたないの?
(卓上に資料や雑誌が乱雑しているあの編集社の映像)
すごい衝撃が。

青春アクション漫画映画?バクマン みんなも見てみてねえ!
                   ↑
作者の大場つぐみさんがパンフレットで「おもしろかったらひろめてね」とかいてあったので書きましたよ~♪


header_main.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。