2016/06/14

子供のころに


面白い本を読んだ。
その感想を他の人も書いていた。
これを子供のころに読んでいたら良かったのに
と書いてあった。
もう二度と戻れないあの頃を想うと
なぜだか涙が出てきた。

子供のころにこの本を読んでいたら
自分の人生や価値観は
なにか変わっていただろうか。

それが分からなくてまた泣けた。


スポンサーサイト
2015/01/29

こころの木

目をつむって


心の中にある


やわらかい場所へ






風が優しく ふいてる


木漏れ日が まぶしい


いつでも 帰ってきて  


もたれかかってごらん


また君にもどれるから 


















童話のような木の絵を書きたくて
はじめて描いてみました。

2014/10/17

小花柄





小花柄がすきね  

母にいわれて気づいた

いまだにすき

小さい花がすき

とくにピンク、、、かな

きいろもすき

きみどりもすき

結局選べない?

久しぶりに小花柄の布を買った

どこに飾ろうか

2014/08/12

いじけむし





顔がいじけむしになってるよ






どうせ私なんて

どうせ僕なんて


何度も聞かされた相手は
ほんとにそう思うんだって


どうせ。。。私なんて。。。


どうせ。。。僕なんて。。。


言葉が出る前に

お口にチャックよ


相手がインプットしてしまう前に、、、







2014/02/13

子供

大人がしかめ面で悩んでいる。

子供は知ってか知らずか、おかまいなしに外で遊び回る。

大人が苦虫かみつぶすように迷っている。

子供はおかまいなしに、大声で歌を歌い続ける。

うるさいぐらいだ。

子供に救われる。

そういう事って多い。

子供はそのままでいい。

大人の顔色なんてうかがわなくていい。

大人は大人の事情がある。


子供は天真爛漫でいい。








☆☆☆☆☆☆☆


天真爛漫意味、、、飾らずに自然のままの姿があふれ出ている様。
生まれつきの素直な心のままで明るく純真で無邪気な様。

天真は純粋な性格。

爛漫は自然のままに輝き現れる様子。






20140213182432161.jpg











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。