--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/09/25

そうだったのか…君はついに

最近、小6の息子がため息ばかりついては
日々の愚痴をこぼす。

前からこの子はネガティブ思考のほうが強いと思っていたので

また始まったか…ぐらいにしか考えていなかった。


学校の友達に嫌なことをされたり、習い事がいやだと駄々をこねたり。

何かと理由をつけては弱音をはく。


母さん、おれ生きていくのが嫌だ…

そう私のそばでつぶやいた。

私は、そんなこと言うもんじゃないよ

と返事をしたが、その時の息子の澄んだ目をみてドキリとした。


そして今日、分かった。


もしかしてこれが思春期なのではないか??

息子も思春期に差しかかったのではないか???

ということに。





今まで以上に心の中の感情が起伏になり

その気持ちにわざわざ言葉をつけて説明しようにも出来ないような

モヤモヤした気持ち。

不安感。

自分とは何か?

他人とは何か?

どうして自分の思い通りに行かないことが世の中には多いのか。


そんなことを感ずる年頃になったのでしょう。


母さん、やっと気づいたよ。

君の変化に。

気づくの遅すぎたかな…


ごめん、でも、母さんも母さんやるの初めてだからさ

分からないことだらけだから。


母さんも少し勉強してみるよ。

本を探してみようか。


そんな時に親子で読める絵本はないかな?

優しく示唆してくれるようなそんな絵本ないかな



今日は私もザワザワしてしまう1日だった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。