--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/12/11

流星ワゴン  重松清

死んじゃってもいいかなあ、もう。。。

妻は最近朝帰りが増えた。

中学生の息子は中学受験に失敗し登校拒否。

家に帰ってもリビングのソファーの皮は引きちぎられボロボロ。

息子が家庭内暴力をするようになった。

家の中はだれも掃除をする人がいないので荒れ放題。

ゴミだらけ。

数年前まではこんなではなかった。

幸せだと思っていた。

僕は38歳。会社もリストラされ妻からも離婚したいと
言われている。

酒を飲み朦朧と駅前のロータリーで足を止めるとワイン色のワゴン車に
目が留まる。

車の中から男の子が手招きをする。
僕は吸い寄せられるようにくるまに乗り込むとそこには5年前に事故で亡くなった
橋本さん親子がのっていた。
お父さんと小学生の健太君だ。

死んでもいいと思っていたでしょ?
僕の心の中を言い当てられ、さらには過去へ連れていってくれると言い出す
橋本さん親子。

途中で僕の親父の忠さんまで乗り込んできた。
忠さんは今病気で病院に入院.しているはずなのに、、、

不思議なドライブが始まる。
僕の過去へのやりなおしをするドライブ。

そこで僕は見たくはない現実をつきつけられる。

妻はテレクラ通いを繰り返し、息子は小学校でいじめられていた。

今まで僕は幸せだとかんじていた暮らしの実態だ。

僕だけが気づかなかった家族の秘密、苦しみをこのやり直しのドライブ
で初めて知ることになる。

僕は果たしてやり直しができるのか?



読んでいて私もうすぐらい霧の中をいっしょにドライブしている気分になりました。

途中、僕と忠さん親子の確執の場面も出てきます。

傲慢な親父と息子というのはいつの時代でもいるものです。

それは、親父vs 娘という組み合わせも多々あるものだと思うのです。

大嫌いな親父の本当の気持ちを僕はしることになります。

結局は親の心、子知らず、、、子供の心、親知らず、、、なのでしょうね。

僕の生い立ちから今までの人生をこのワゴンがまるでタイムマシーンになって
みせてくれます。

幸せだと思っていたことがそうではなかったり、誤解や思い込みで人の本心が
わからなかったり、そういうことって誰にでもありますよね。

生きている意味が分からないと嘆いていた僕の中に少しずつ変化が現れます。

知りたくなかったことも知ってしまいます。.

読んでいていろんな場面にオーバーラップして途中酔いそうになります。

しかし読んだ後もまだ橋本さん親子のワゴン車に乗って風景のない灰色の一本道を
揺られている気分がするのです。

生きるって、いいこともわるいこともつきものですね、、、



この本の最後にはこう書かれています。

サイテーの現実にうんざりして、もう死んだっていいやと思っているとき
、不意に目の前にワゴンが現れたら、それが橋本さんの車だ。.
乗り込めばいい。
あなたにとって大切な場所に連れていってもらえばいい。

と。





その大切な場所は最悪の場所かもしれません。

人はずっと後になってから本当に大切なものにきづくのかもしれません。





流星ワゴン (講談社文庫)流星ワゴン (講談社文庫)
(2005/02/15)
重松 清

商品詳細を見る










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

新年あけましておめでとうございます。

天気が悪いので、寝正月です(笑)
今年もよろしくお願いします。

マウントエレファントさんへ

明けましておめでとうございます。
寒いですね!
気をつけてお過ごしください。

新年おめでとうございます。
大変ご無沙汰しちゃってますが、やっと復帰できました^^
またよろしくお願いしますね♪

さて、重松清ですね!
このお話はなかなかハードそうですが、読んでみたくなりましたよ。。
父と息子というのも気になります!
昨年、母が亡くなってから、なんだかうまくいってないのです。父と弟。。

ゆめのゆきさんへ

ゆきさん、お久しぶりですね(*^^*)
今年もよろしくお願いいたします。

そうなんです。このお話けっこうハードでしてね、未だに引っ張ってます笑
なんとTVドラマがもうすぐ始まるそうですよ!!

ゆきさんのご家族もありますか、、父と子。
ないおうちのほうが少ない気がします。
永遠のテーマですよね。
ほんと少しのことばの足りなさただったり、、

ぜひ読んでみてくださいね(^_^)

おおお!そうですか!ドラマになるんですね!うん、ドラマに向いてそうなお話です。
ぜひ見てみようと思います!
ありがとう♪^^

そうそう、みんななにかしらありますよね^^;
確かに言葉が足りなかったり、また言い過ぎたりね。

ゆきさんへ

私はすでにドラマにされてるんだろうなと思って読んでました笑
楽しみです!

そうそう、私も旦那に対してなんですが言い過ぎたり、向こうもこちらに言葉が足りなかったりですね。
家族って、他人以上に付き合いかたが大事なんだなと最近つくづく思いますね(´ω`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。