--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/04/30

21世紀版少年少女日本文学館



2ヶ月ぐらい前の本との出会いの話でございます。

絵本の読み聞かせは昨年度は2月でおわり、また来月より今年度の活動が始まりますので
少し休止であります。

絵本を探しに図書館へよく行くのですがその時に児童書もたまに読んだりしていまして
その時にばったり巡りあったといいますか、見つけたのが
21世紀版 少年少女日本文学全集であります。
講談社から発行され 全20巻まであります。

もっと詳しく言えば
図書館で光村ライブラリーの教科書にのっているおはなし全集を
たまに読んでいたときに、これは中学生までの教科書にのっているおはなしだけど
こういった本でもっと沢山の小説が集められている本はないかな?と探してみたのです。
その時に見つけたのがこの講談社の少年少女日本文学館だったのです。


今は二冊目読了で、第四巻の小さな王国(谷崎潤一郎)、海神丸(野上弥生子)などが載っていました。


難しい言葉でも分かりやすく解説がありますし、たまにのっている挿し絵がまた素晴らしく想像力を
いっそう膨らませてくれます。
たまに備忘録など書いてみたいと思います。


14620814532640.jpg












スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。