--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/06/05

エドガー= アラン= ポー「 黒猫、黄金虫」

江戸川乱歩なら知ってるけどそのペンネームの元になったエドガー=アラン=ポーを私はこの年になるまで知りませんでした。
エドガー=アラン=ポーは今から170年ほど前の人です。
現代の推理小説の形式のほとんどを作ったので推理小説の父とも言われています。
日本は幕末の時代で東海道中膝栗毛や南総里見発見伝などが読まれていました。

この21世紀版少年少女世界文学館には五編の短編が書かれています。
どれもこれも怖かったです。
中でも一番面白かったのは黄金虫です。

内容
アメリカのサリバン島が舞台。登場人物は私と世捨て人のルグランとめしつかいの黒人ジュピター。
ルグランにそそのかされ、私とジュピターはあなほりにでかける。ジュピターに高い木に登らせしゃれこうべを
見つけ、その片方の目からロープに結んだ重りとなる黄金虫を下ろし穴を掘った。

掘っても掘ってもなにも出て来ないなかルグランの殺気だった興奮した様子に私とジュピターも
これは宝かなにかが本当に出てくるかも知れないと気持ちが変化する。
すると2体のしゃれこうべと大きなおおびつが出てきて中を開けると~

一夜にして大金持ちになった3人だがどうやってこの宝を探し出すことができたのか?
ここからがポーの腕のみせどころ。

その昔キャプテン キッド(本名ウィリアム キッド1645~1701)海賊の首領になり1699年に逮捕され
二年後に処刑された。
その後キッドが奪った宝がニューヨーク付近の海岸や他の土地に埋められいるという噂が長い間信じられていた。

ルグランは海岸で黄金虫を見つけた。その横に羊皮紙とボートがあるのを発見した。
羊皮紙を熱であぶりそこに暗号が記されているのを偶然発見し暗号を解明した。

〜主教の旅館悪魔の椅子でよきめがね
21度13分ー北東微北ー中心の幹第七枝東がわ
しゃれこうべの左目より射る
木より弾丸を通って15メートル外へビーライン〜

この暗号読み込むうちにだんだんと詩にみえてくる。
ルグランはなぜこの二人に宝探しに行くぞ!と言わなかったのだろう?
それはきっと自分の推理に口を挟まれたくなかったからではないだろうか?
また宝の山を掘り出せるかどうか自分でも分からないのに大の大人に苦労させるだから
始めから期待させないほうがいいと思ったのではないだろうか?

最初ジュピターがしゃれこうべの目からロープを下ろしたのは左目ではなく右目だった。
挿し絵には右目からロープが垂らされれいたのであれ???と思ったのだかやはり
正解。
いくら掘ってもなにも出てこないのでルグランは気づいた!
このやろう!いまいましい悪党め!さあ、いえ!
ぐずぐずごまかさずに今すぐ答えるんだ!
どちらがお前の左目だ?

これでジュピターが間違えていたことがわかり、もう一度やり直して穴を掘る位置を
確認し宝のありかを押さえたのだ。
このときのルグランの怒りが尋常ではなく切羽詰まっていてというか実に面白かった。
手伝ってもらっているのにこの口の聞き方はないんじゃないかと思ったが、、、

この土を掘ると大判小判がザックザックなんて夢物語だろう。
しかし私はこの様な宝探し物語を小説で読んだのは初めてだ。
アニメや映画なら見たことあるけれど。
しかし、ルグランの良いところは3人できっちり山分けにしたとこだろう。
しかし、しかしだ、この3人のその後の生活の変化に何一つ言及していないところが気になってしまうのだが
この話は暗号を解き宝を見つけるまでの話であってこれ以上のことを望んでしまう読者はもっと欲深いのかもしれない。


ポーは1809年にアメリカのボストンで生まれ幼い頃に両親が亡くなり養子に出される。
ポーは傲慢で、人との付き合いが苦手、酒に溺れ、うつ病にもなった。
生活の乱れの中短編と詩集を発表したが生活は非常に苦しかった。
阿片にさえ手を出してしまい、異常な精神情態のなか幻と暗い影の恍惚とした世界を描いた。
1849年酒場の前で倒れ2日後に死亡した。

ポーの作品を読んで思う。
事件を起こしてしまう主人公は世捨て人だとか、酒に溺れた男とか、かなり
読んでいて痛い人が出てくる。
ポー自信を少なくとも反映させていたのではないだろうかと。

しかし、ポーの考える恐ろしい事件は表面上はかなり怖いがその謎を解くのは人間の理性。
分析と推理で難事件をも解いていく。
ここに推理、ミステリーの父とも元祖とも言われる現代の推理小説の形式のほとんどをつくった。
ポー、面白かった。
普段このての小説はあまり読まないが意外な犯人などほんとに上手くできていた。
他の作品や詩も読みたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。