--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/02/08

山のとしょかん


山のとしょかん (えほんのもり)山のとしょかん (えほんのもり)
(2010/04)
肥田 美代子

商品詳細を見る





おばあさんは、山で一人暮らし、畑を耕して過ごしています。
子供たちは都会に出て行きました。
ある日畑仕事から帰ると、一人の男の子が立っていました。
絵本を読んでほしいと言います。
おばあさんは、子供たちに昔読んであげた絵本を読んであげました。
そしてその絵本を男の子に貸してあげました。
おうちでお母さんに読んでもらってね。と。
次のひもその次のひも男の子は訪ねてきます。しかも夜にたった一人で。
おばあさんは絵本を読み、その絵本を貸してあげました。
ある日、ふと不思議に思ったおばあさんが男の子の後をつけていくと…

昔からある物語の王道のようなお話でしたが面白かったです。
最後はおばあさんが沢山の絵本を家の縁側に並べて山の図書館を開くことにしました。
よーく絵本を見てみると、、、


「あ、おしいれのぼうけんだ!」
「こっちは、私のワンピースだよ!」
「これはだるまちゃんとてんぐちゃんだ!」

私も子供たちと顔を見合わせました。
こういう遊び心がある絵本は楽しいですよね。

作者は肥田美代子さん。衆議院議員、参議院議院もなさっていた絵本作家さんです。
絵は小泉るみ子さんで、可愛らしい絵です。


読んでいるとほんわか、暖かい気持ちになれる絵本です。



















「あのころひとみをかがやかせてえほんにみいっていたこどもたち。
そんなすがたまで、はっきりとおもいうかびました。
おばあさんはいつしかむちゅうになってよんでいました。
なんともいえない、やさしいきぶんにつつまれました。」
















なんともいえないやさしいきぶんにつつまれる。
絵本を読む醍醐味。
現代の疲れた大人にも必要ではないでしょうか。

大きな箱に絵本を入れて大切にしまっていたおばあさんが印象的でした。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは。
素敵な絵本ですね~
是非読んでみたいです。
紹介してくれてうれしいです(*^_^*)

遅咲きうさぎさんへ

こんにちは。
前に紹介しました「おしゃべりな毛糸だま」の絵本も描いてあったのでもしかしてと思ったら
小泉るみ子さんが絵を描かれていました。
是非読んでみてくださいね(^-^)

こんにちは♪ 
ハッピーモモさんのこの記事を読んで、この本、読んでみたくなり、早速図書館に予約しました!
昨日取りに行ってきましたよ。
これから読むのが楽しみです。
ご紹介ありがとうございました^^
また遊びにきますね〜♪

ゆめのゆきさんへ

こんにちは!!
コメントありがとうございます。

やまのとしょかん、図書館で予約されたのですね!
嬉しいです。
記事を書いて良かったなあと思いました。
これからも色々な本を探して行きたいです。
また、遊びにきてくださーい(^-^)v
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。